将来的な薬剤師の役割

将来的な薬剤師の役割

将来的な薬剤師の役割 はコメントを受け付けていません。

昔は病院で診察を受けた後はそのまま病院の受付で薬を処方してもらっていたというのが一般的でした。
自分が診察を受けて処方された薬がどんな成分から作られているのか、ということやどのような副作用があるのか、ということについては受付で十分な説明を受けることが難しいのが現状です。

病院で薬を受け取るのではなく、薬剤師がたくさんいる薬局で薬を受け取ることができるようになってからは薬に対しての成分やアドバイスについて納得がいくように説明してもらうことができるようになったので、病院に通って薬を受け取る側は安心できるようになりました。

薬剤師の役割が明確化されたことによって薬剤師募集が増えることになり、以前に比べると薬剤師を必要としているところは増えたわけですが、それに伴って薬剤師には薬に関する知識やスキルだけでなく、様々なものが要求されるようになってきています。

薬剤師募集を見ても分かるように、薬剤師の雇用の場は薬局やドラッグストアなど薬を直接的に取り扱うところだけでなく、医療器具メーカーや研究分野においても薬剤師募集が増えていて、今後も裾広がりに薬剤師の需要は増えると想定されます。

また、薬というのは常に研究開発がされているため、新しい薬学に対しての知識を常に供給するということも大切で、現状維持をしていては薬学の世界に取り残されてしまうだけとなるため、スキルアップができる環境に身を置くことも大切です。

Back to Top