研究機関の薬剤師募集について

研究機関の薬剤師募集について

研究機関の薬剤師募集について はコメントを受け付けていません。

薬学部で6年間のカリキュラムと国家試験を受けて合格することで晴れて薬剤師という職業に就くことができます。
中には新しい薬が開発される現場で働きたいという思いを寄せて日々の学習に熱を入れていたという人もいるかもしれません。

薬剤師として働く上で新薬の開発に携われるというのは、薬剤師を目指してきた人にとって憧れる働き方の一つとも言えますが、自分が研究をして開発をした薬が誰かの命を救えることにでもなったら、これ以上の喜びはないと思います。

ただ、薬剤師募集を探していると分かるように、研究機関での薬剤師募集というのはかなり稀で、薬の開発に携わるのは有機化学やサイエンステクノロジーなど、どちらかというと科学の分野に精通している人がする仕事になっています。

しかし、最近は医薬品の開発だけでなくサプリメントなど医薬品以外の薬の開発というのも進んでおり、医薬品以外の分野になってくると薬剤師募集していることも多く、研究機関で開発業務をしながら働ける可能性もあります。

研究や開発など専門性の高い分野になってくると、基本的にハローワークや地域求人情報誌のように大衆の目に触れる求人情報にはあまり掲載されていない場合が多く、薬剤師を専門で募集している求人媒体が中心となります。

なので、一つの求人媒体だけを利用するのではなく、複数の求人媒体を利用して求人を探していきましょう。

Back to Top