薬剤師の業務内容

薬剤師の業務内容

薬剤師の業務内容 はコメントを受け付けていません。

怪我や病気をした場合にカットバンや寝て治る風邪くらいなら薬を使用しなくても完治することができますが、カットバンではどうにもならない傷や重篤な風邪の症状が見られる場合は放置しておくと命の危機にさらされる可能性があります。

病院に行って診察を受けて適切な治療を受ける必要がありますが、その場合に症状を緩和するためや治療を早めるため、痛め止めなど様々な薬が処方されることになります。

その薬が処方されるタイミングと言えば、一昔前は診察を受けた病院というのが一般的でしたが、最近は病院と薬局が別になっているところが多く、病院で診察を受けた後にお薬手帳などを持って薬局で薬を受け取るというのが一般的です。

薬局で薬のアドバイスや販売をしているのが薬剤師ですが、薬剤師には処方する薬のアドバイス義務があり、必要に応じて薬の調合などをするのですが、病院と薬局を分けたことによって薬剤師の雇用が増え、薬剤師募集がかなり求人情報で掲載されるようになっています。

また、薬剤師募集を見てみると薬局だけでなく一般企業や研究機関などでも薬剤師募集と掲載されている求人情報を見かけることがありますが、薬剤師の雇用の場は医療機関に留まらず、様々な分野に拡大を見せています。

それによって薬剤師に求められるものも変わってきているので、これからは時代の変化に追い付くことができて、進化する薬学の知識を柔軟に取り入れることができる人が重宝されるようになります。

Back to Top