面接のポイント

面接のポイント

面接のポイント はコメントを受け付けていません。

薬剤師募集をしている求人情報を見つけた後は、最初に履歴書や職務経歴書を書いて書類審査を受けることになりますが、書類審査を受けて無事に通過すると次は実際に面接を受ける流れに入っていきます。

薬剤師を募集している医療機関や民間企業によってもどんな人材が欲しいかというのは変わってくるので、一概には言えない部分もありますが、共通して言えるのはコミュニケーション能力や雰囲気を大事にするということで、特に薬を必要としている人と直接的に触れ合う気合がある場合はこれらの要素が非常に重要となります。

人柄を見るのは書類審査ではなく面接ですが、面接には緊張を伴うので完全に言いたいことがスムーズに言えるというのは難しく、これは他に面接を受ける人も同じことなので、少々の緊張は仕方ない部分もありますが、自分がアピールしたい部分を十分に発揮できないことだけは避けたいものです。

薬剤師の人手不足というのは薬剤師募集などからも見え隠れすることがありますが、人材が少ないからといって妥協して雇うということはなく、命に関わることがある薬を取り扱う人材ということからも細かく見て面接は進んでいくことになります。

面接に不安がある場合はハローワークなどで定期的に面接セミナーなどを開催しているので、これを積極的に活用することがおすすめで、利用に関しても無料でセミナーを受けられる場合が多いため、金銭的な負担という面でも心配することはありません。

Back to Top